NPO法人 ぎふ音楽療法協会のプロフィール 


NPO法人 ぎふ音楽療法協会は、
ぎふ音楽療法研究会と岐阜県音楽療法士協会が一つになり、
2009年1月に非営利活動法人として認証されました。


理事長挨拶
 設立目的  会員・会費


  理事長挨拶    

     
特定非営利活動法人 ぎふ音楽療法協会理事長 日比祐子


 ぎふ音楽療法協会は今年で発足して9年目を迎えます。今年度から、前理事長の後を引き継ぎ20名の理事を中心として460名の会員と共に、新しいスタートを切ることとなりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 協会では、「音楽療法の普及」と「音楽療法士としての研鑽」を柱と考えます。7圏域(岐阜・西濃・中濃・東濃・飛騨・愛知・三重)に亘る支部活動では、多彩な講師をお招きしての講演会・勉強会をはじめ、事例検討会・研修会の開催により、音楽療法士として個々の力量を高めると共に、仲間同士の情報交換により、地域全体に音楽療法を知っていただくことにもつながっています。

 また、行政とのつながりでは、「岐阜県介護予防推進指導者養成研修事業」の公開講座が今年で3回目を迎えます。これは、当協会が県内のリハビリテーション関係団体として補助対象事業者に認められ、補助金を交付されたことによる事業です。こうした行政とのつながりも大切にして、協会また会員そして音楽療法というものを、広く信頼していただけるよう努力してまいります。今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。
Top



  設立にいたるまでの経過

平成9年6月   ぎふ音楽療法研究会設立
           (会員の資質向上と音楽療法の普及を目的とする)
平成13年9月  岐阜県音楽療法士協会設立
           (音楽療法の社会的地位の向上、会員の資質向上、音楽療法の普及を目的とする)
平成20年5月  ぎふ音楽療法研究会と岐阜県音楽療法士協会の一本化承認
           (音楽療法の普及と推進を円滑に遂行するため、NPO法人化を目指す)
平成20年10月 設立総会開催



  設立目的

ぎふ音楽療法協会は、音楽を媒介に、人々の心身の健康増進、生活の質(QOL)の向上の為に深く音楽療法を学び、実践することにより、人々の健康と、音楽療法の発展に積極的に寄与することを目的としています。

Top



  事業

本会は、目的を達成するために次の事業を行います。
 (1) 音楽療法の理解と啓発事業
 (2) 支援事業
 (3) 各種講習会事業
 (4) 音楽療法士としての専門性確立事業
 (5) 受託事業
 (6) 講師派遣事業



  会員・会費

会員 事業 入会金・年会費
正会員
  ※本会の目的に賛同して
    入会した個人
●受託・依頼事業の担当(但し岐阜県音楽療法士、日本音楽療法学会認定音楽療法士、全国音楽療法士養成協議会認定音楽療法士一種・二種、日本音楽療法学会認定音楽療法士補、中部学院大学認定音楽療法士など本会が認める音楽療法士に限る)
●各種研修会、イベント等への参加
●広報誌の年間購読
●楽器・書籍の貸し出し利用
●すべての支部への活動参加
入会金3,000円
年会費6,000円
団体会員
  ※本会の目的に賛同し
    活動に協力する団体
●広報誌の年間購読
●一部参加可能な研修有り
●協会との共催事業
年会費1口10,000円
 (1口以上)
賛助会員
  ※本会の目的に賛同して
    入会した個人・団体
●広報誌の年間購読
●一部参加可能な研修有り
年会費1口3,000円
 (1口以上)
Top