♪活動報告(各支部【学んだ事】【動画】は正会員専用ページへ

7支部で研修会、交流会、事例検討会を開催(正会員はどの支部へも参加可能)


 愛知支部担当 

 研修会】SDGs手作りチャフチャスを使ってセッションを楽しもう 


 

日 時:6月30日(日)13:00~ 16:10

講 師:中村牧子 氏

(肩書):日本音楽療法学会認定音楽療法士・岐阜県音楽療法士

    シナプソロジーインストラクター 

    NPO法人ぎふ音楽療法協会正会員

会 場:犬山市民交流センター「フロイデ」3F多目的室

参加者:23名 (理事部長活動人数5名)



 東濃支部担当 

 東濃支部総会・交流会】「歌体操」


 

日 時:6月23日(日)13:15~ 15:45

会 場:瑞浪市地域交流センターときわ会議室

参加者:13名 (理事部長活動人数2名)



 岐阜支部担当 

【研修会】在宅医療における音楽療法~奏でられるヴァイオリンの生音と共に~


 

日 時:6月8日(土) 14:00~15:30

講 師:濱島秀行氏

(肩書):岐阜県音楽療法士・社会福祉士・ヴァイオリニスト

会 場:瑞穂市総合センター

参加者:20名 (理事部長活動人数5名)



 中濃支部担当 

 【研修会】キッズヨガを体験して音楽療法に(高齢者や成人にも)活用してみませんか


 

日 時:6月2日(日) 13:30~15:00

講 師:横井沙苗氏

(肩書):認定キッズヨガ指導者

会 場:可児市文化創造センター

参加者:12名 (理事部長活動人数3名)



ダウンロード
2023年度支部活動報告2.pdf
PDFファイル 144.6 KB
ダウンロード
2022年度支部活動報告2.pdf
PDFファイル 141.0 KB
ダウンロード
2021年度支部活動報告.pdf
PDFファイル 299.8 KB

ダウンロード
2020年度支部活動報告.pdf
PDFファイル 229.5 KB
ダウンロード
2019年度支部活動報告.pdf
PDFファイル 115.5 KB


 ♪活動報告(本部

総括・管理・サポート


 

 【第16回総会終了のお知らせ】

 5月26日(日) みんなの森メディアコスモス かんがえるスタジオ

13:30~15:10 第23回全会員研修会

15:30~16:00 第16回総会

16:10~16:40 各支部会

第23回全会員研修会 第16回総会に多数参加されました。

5年ぶりの会場のみの開催となりました。

第16回総会議案は第1号議案より第4号議案まで承認されました。

皆様からお寄せいただきましたご意見は代読させていただき、精一杯お答えさせていただきました。

 総会開催前に、2022年11月に発足された 自主グループ 【音楽倶楽部MRG】のハンドベル演奏を披露されました。

 きれいな音色に会場が包まれていました。

 曲目『イエスタデイ』『東京ブギウギ』『見上げてごらん夜の星を』


 

 【2023年度理事会会議】

第126回本部三役会        6月 8日(木)  20:00~23:00  Zoom

第127回理事会          6月29日(木) 21:00~23:25  Zoom

第128回理事及                  9月21日(木) 20:00~22:30    Zoom

第129回理事会           12月21日(木)21:30~23:32    Zoom

第130回理事会                      1月 10日(水)21:00~23:15    Zoom

第131回理事会                          3月17日(日)15:15~16:30   事務所 

第132回理事会          5月14日(火)20:30~23:00  Zoom


ダウンロード
2023年度理事会会議.pdf
PDFファイル 59.7 KB
ダウンロード
2022年度理事会会議.pdf
PDFファイル 67.2 KB
ダウンロード
2021年度本部活動報告.pdf
PDFファイル 61.9 KB
ダウンロード
2020年度本部活動報告.pdf
PDFファイル 91.7 KB


 ♪活動報告(学び部

【正会員対象】図書貸し出し・楽器貸し出し・専門研修会・自主グループ活動 


 第23回ぎふ音楽療法協会全会員研修会

  演題 『ホリスティックケアと音楽療法、瞑想療法』


日 時:2024年5月26日(日)  13:30~15:10

講 師:大下大圓氏

会 場:みんなの森ぎふメディアコスモス

    考えるスタジオ

参加者:60名

 (理事活動人数8名、サポート隊7名)


【学んだ事】

会場対面による全会員研修会を行いました。長年に渡り、患者家族のこころのケアに携わり、医療・介護・教育機関の対人援助職へのケアプログラムとして、臨床瞑想法を展開されておられる当協会顧問の大下大圓先生をお招きし、医学的、宗教的なお話を交えながら、音楽療法との深い関わりについて学びました。お話の内容はもちろん、先生の声明や所作からも神秘的な世界に惹き込まれていく時間でもありました。全員で『いのちの歌』をアカペラで歌った時には、内から込み上げてくるものを感じました。

歌唱となると、伴奏を付けたり、小物楽器を鳴らしたりすることも多いと思いますが、むしろ楽器が無いからこそ言葉が、メロディーが、心の細部に深く沁み込んでいくように感じました。声の持つ力やその効果に改めて気付かれた方も多かったのではないでしょうか。最後に、先生がオリジナルで作られた五音の編鐘の響きを聴きました。一打の後、編鐘の縁に沿って撫でるとその響きが部屋中に拡がり、体が音に包み込まれる心地よい感覚を味わいました。

 「魂に働きかけるスピリチュアルな音楽療法」からの学びが、今後のセッションに活かされていくと良いと思います。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。


岐阜県介護予防推進指導者養成研修事業  

第10回ぎふ音楽療法協会公開講座

   演題 『音楽で心も身体も健康に!歌って笑って介護予防・フレイル予防』


日 時:2024114(10:3015:40

講 師:佃 誉子

会 場:岐阜県図書館 多目的ホール

参加者:会場会員52名(理事・部長人数14名)

    一般14名/ライブ参加55名 


【学んだ事】

会場参加とライブ配信参加のハイブリッド型研修会を行いました。

午前の部では主にスライドを使って、時に歌いながら「音楽の選び方」や「音楽の使い方」を学びました。

午後の部では活動の体験を通して「音楽の持つ力」について学びました。

セッションの現場で使用曲から生まれたエピソードをお聞きし、何ものにも代えられない素敵な瞬間を音楽の力で叶えることができたことに感動しました。歌詞幕を見て歌うだけではなく、歌詞を見て回想し、活動そのものを味わうことに意味があることを教えていただき、今後のセッションをより深いものにしていくためのポイントを知ることができました。そして心地良い音楽であることの大切さについて触れ、参加者からの「歌いやすかった」という声から伴奏のポイントもご教授くださいました。歌うメロディの音域を意識するのはもちろん、更にセッション前後の過ごし方を意識して、身体のコンディションに合わせた調で伴奏すると良いそうです。体操を取り入れた活動では、動きを提案してもらうことで脳の働きを促し、声を出すことで嚥下機能の活性化を図っているとのことでした。また、たくさん笑うことで長生きする確率が高くなるといったお話もありました。

通信機器の不具合もありご迷惑をおかけしたにも関わらず、先生は「音楽療法には臨機応変に対応する力も必要」であると仰られ、改めていろいろな場面での振る舞いについて考えさせられる機会となりました。今回の講座では、「引き出す力」について触れた感想が大変多く、活動を提示するばかりではなく、対象者から引き出して一緒に作っていくことの大切さを学びました。対象者に合わせて選んだ音楽を使って、みんなが笑い、みんなで味わい、みんなから引き出すプログラムを心掛け、今後のセッションをより良いものにしたいと思います。


第32回ぎふ音楽療法協会専門研修会 

   演題『神経発達症とその療育』        


日 時:2023717(月・祝13:3016:40

講 師:呉 東進

会 場:岐阜県図書館 研修室

参加者:会員53名(理事活動人数 8名)

    一般4名


【学んだ事】

呉東進先生をお招きして、会場での対面による専門研修会を開催いたしました。これまで『発達障碍』と呼ばれていた用語が変化し『神経発達症』と名称が変わったことを始めとして、自閉スペクトラム症やADHDについて、症状や特性、発達段階など具体的な内容を医学の視点から学ばせていただきました。また、私たちが音楽を用いて関わる時の留意点や介入方法についてもご教授下さり、実際の現場の様子を思い浮かべ、クライエントの反応と照らし合わせながら聞かせていただきました。

福祉として関わることが多いセッションに医学的な知識が加わることによって、クライエントに対するより良いアプローチができるのではないかと感じました。今後のクライエント理解に繋げ、目標設定に役立てて行きたいと思います。

冒頭に「私も何年か振りの対面講習会なので、上手く話せるかどうか緊張します」と呉先生も述べられておりましたが、ご参加くださった皆さま本当にありがとうございました。

更に多くの方に研修を受けていただけるように、オンデマンド配信を行います。

8/1~8/31の期間に、会場参加を申し込まれた方と新たな希望者の方(有料)に配信いたします。ぜひ、お申し込みの上ご視聴下さい。


書籍紹介

音楽療法の本~もう一人の自分と出会う~

 (2011年アルク出版企画)

プロローグから、引き寄せられます。

『自分を見つめなおす』 『知らなかった自分に気が付く』大切さ。

本文では、内田先生の音楽療法実体験が10の事例にまとめられ、とても分かりやすく書かれています。 

『音楽療法の素敵な力』を改めて感じる事ができます。 

音楽療法や心理療法にご興味のある方にもお勧めです。




ダウンロード
2023年度学び部活動報告.pdf
PDFファイル 143.1 KB
ダウンロード
2022年度学び部活動報告.pdf
PDFファイル 257.6 KB
ダウンロード
2021年度学び部活動報告.pdf
PDFファイル 271.1 KB

ダウンロード
2018~2021岐阜県介護予防推進指導者養成研修事業 全会員研修会 専門研修会
PDFファイル 192.2 KB

 ♪活動報告(普及・事業部

広報誌発行・ホームページ作成、更新・普及実践活動


【アトリウムライブ】

日 時:11月21日(火)12:20~12:50

出演者:ぎふ音楽療法協会自主グループ『音楽俱楽MRG』

会 場:OKBふれあい会館2階アトリウム

参加者:着座24名 立見18名

    (理事活動人数3名)


【活動報告】

ぎふ音楽療法協会自主グループ『音楽俱楽部MRG』が、イングリッシュハンドベルの演奏を披露しました。

①Trumpet Voluntary ②威風堂々 ③おもちゃの兵隊のマーチ ④大きな古時計 ⑤あき(秋の曲メドレー) ⑥あんたがたどこさ

⑦ハナミズキ 計7曲を演奏し、⑥では、会場の方々にもハンドベルで参加していただきました。

また、たくさんの方が会場の周りや3階からも立ち止まって演奏を聴いてくださっていました。

アトリウム中にハンドベルの温かく優しい音色が響き、ゆったりとした時間を過ごしました。


【メディコスまつり『フム・ドキ・ワイワイ』】

みんなで健康になりましょう!~家庭でできる音楽体操~

日  時:10月9日(/)13:1013:50

会  場:みんなの森 ぎふメディアコスモス 〈かんがえるスタジオ〉

参加者:一般 12名  会員 8名 (理事部長活動人数 8)

  (会員の内 Th.1名 伴奏者1名 普及事業部2名)