♪活動報告(各支部

7支部で研修会、交流会、事例検討会を開催 (会員はどの支部へも参加可能)

 

 西濃支部 

 身体を緩めゆっくりと楽しんで行う

  『頑張らない運動術』を体験しよう!


日 時: 718()

     13301530

講 師:岩木博美氏

  株式会社サンライトミー代表取締役

  看護師 健康運動指導士 

  シナプソロジーアドバンスインストラクター

会 場:ソフトピアジャパンセンター セミナーホール

参加者: 20名 (理事活動人数6)


 

 【学んだ事】

シナプソロジーの体験では、二人ペアになり脳に適度な刺激を繰り返し与えました。楽しく意欲的に行うことで、身体が軽くなり、気持ちも明るくなるのを感じました。脳が活性化されたところで、頑張らない運動術の体験です。やわらかいボールを脇に挟みゆっくりと肩を上下させたり手のひらをねじったりしました。肩こりの解消に良いとのことです。

ボールの上に座り、腰をゆっくりと左右前後へ動かす運動は、骨盤矯正やインナーマッスルを鍛えると共に腰痛予防にも役立つことを学びました。最後は、音楽に合わせながらタオルを使用した「頑張らなくても良い、楽しい運動術」の数々を体験しました。

岩木講師の楽しい話術にて、「効果のある点を意識しながら身体を動かすこと」を解かりやすく教えて頂きました。コロナ禍で運動不足の中 爽快感を感じた研修会となりました。  

 飛騨支部 

 クリスタルボウル~音と癒しの体験~


日 時:711日(日) 1330 ~1530

講 師:原田千恵子氏

 リコネクション&リコネクティブヒーリングプラクティショナー   

 クリスタルボウルヒーリング 恵那リトリート主催

会 場:高山市総合福祉センター

参加者:14名(理事活動人数3名)


 

【学んだ事】

クリスタルボウルの誕生秘話、その歴史、奏法、身体への効果と癒しについて学びました。その後演奏を体験し、音や響きから感じたことをその場で共有し合い、中には知覚の変容が見られる参加者の方もみえました。また、全員がクリスタルボウルに触れ、マレットを握って実際に音を出す体験もしました。

コロナ禍でもあり様々な疲れを感じる中、楽譜のない音楽を浴びることで、その不思議さや心地よさ、そして癒しを感じるひと時でした。  

 愛知支部 

 ワークショップ 

『リズムdeエンジョイ~ボディパ&カップス』


日 時:6月13()14201630

講 師:中村新氏

    パーカッショニスト

    中日文化センター講師

    ヤマハ音楽教室講師

会 場:大府市愛三文化会館 

参加者:26名(理事活動人数4名)


 

 【学んだ事】

・[カップス]脳トレにもストレス発散にもなり、演奏で一体感を得られた時の満足感等、全てが融合されて良かったです。皆の音が揃うと気持ちよくカラフルな色を見ているだけで楽しい気持ちになりました。

・[ボディパーカッション]身体から湧き出す響きが26名の総力を感じさせてくれました。

4パートに分かれて演奏し、他のパートの音を聞きながら表現することの楽しさを感じました。 

 三重支部 

 現場に合った選曲について】


日 時:5月30日(日) 13:30~15:30

会 場:四日市市文化会館 第一練習室

講師:藤沢玲子氏 

 (岐阜県音楽療法士 日本音楽療法学会認定音楽療法士)

参加費:無料

 中止となりました



ダウンロード
2020年度支部活動報告.pdf
PDFファイル 229.5 KB
ダウンロード
2019年度支部活動報告.pdf
PDFファイル 115.5 KB
 ♪活動報告(本部

総括・管理・サポート

 


 

 【第13回総会終了のお知らせ】

 5月23日(日) 

12:45~    入室

13:00~14:35 第20回全会員研修会

14:45~15:15 第13回総会

第20回全会員研修会104名 第13回総会85名が参加されました。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、皆さまの安全確保及び感染拡大防止のため、書面により事前に議決権を行使いただきました。総会はzoomによりライブ配信いたしました。

第13回総会議案は全て承認されました。

皆様からお寄せいただきましたご意見は代読により披露させていただきました。

 

 5月23日(日)

講演会(第20回全会員研修会)     

演 題

 「オノマトペで心と体をセルフケアする技術」 オノマトペ研究家 藤野 良孝氏

お薦め動画 『道徳オノマトペアニメ』 

https://youtu.be/JbVOsVN7x3Y  

URLをクリックするとご覧いただけます

【動画について】

藤野良孝先生が国から助成金を受け制作された、道徳オノマトペアニメをご紹介させていただきます。

 ついつい子供にダメって言ってしまいそうな場面をブッブーと言うオノマトペを使って、楽しく優しく語り掛けます。どうぞご覧ください。

【プロフィール】

2021年5月23日(日)ぎふ音楽療法協会全会員研修会講師 藤野良孝氏

学術博士。オノマトペ研究家。朝日大学保健医療学部准教授。早稲田大学研究員

〖メディア出演〗「ホンマでっか!」「ためしてガッテン」他

〖著書〗「魔法のことばオノマトペ」「毎日の生活が楽しくなる”声の魔法”1~3巻」他



ダウンロード
2020年度本部活動報告.pdf
PDFファイル 91.7 KB
 ♪活動報告(学び部

【正会員対象】図書貸し出し・楽器貸し出し・専門研修会・自主グループ活動 

30回専門研修会(オンライン)

演題『精神分析と即興音楽が融合する臨床的な音楽療法とは?』


日 時:7月4日()13:30~16:45

講 師: 内田 博美 氏 

 ドイツ認定ディプロム音楽療法士

 ドイツ音楽療法センター代表

 ドイツ・ハンブルク音楽大学と提携した

 「臨床音楽セラピスト養成科」を開設

 日本芸術療法学会会員

 日本ゲシュタルト療法学会会員

 ドイツ音楽療法協会会員

 著作 『音楽療法の本~もう一人の自分と出会う』

  (2011年アルク出版企画)

参加者:73名 (画面参加者18名)


【学んだ事】

はじめに内田博美先生は、「音楽療法は心理療法である」と定義されるドイツの音楽療法には、音楽の使い方が違う2つの方法論があると述べられました。

◉機能的音楽療法

リハビリテーションの枠組みで、音楽の「有効性」「機能性」に焦点を当て、既存曲も含め音楽を提供できればセラピスト(以下Th.)でなくても誰でも可。

◉心理療法的音楽療法

心理セラピーの枠組みで、クライエント(以下Cl.)に焦点を当て、自由即興演奏を介してTh.Cl.の対等な関係性を確立する。

Th.は自由即興に投影されるCl.の内面を読み解くため、精神分析等の理解が必要で、ドイツでは音楽療法士は専門職です。内田先生からオーストリアの即興演奏・ドイツの高齢領域の事例を、アシスタントの井上眸先生から日本の児童の事例をご紹介戴きました。

Th.は、Cl.の感情と向き合うために、①Cl.の呟きを待つ ②Cl.の音楽をよく聴く ③沈黙=休符も音楽の一部と捉える ④自分の声を聴く 重要性をお示し下さり、最後に、「音楽療法はもっとできるんだよ‼」と、やさしさの中にも毅然とした姿勢で括られました。

内田先生の的確でわかり易いご講義に、次回は対面で即興演奏を交えた講座開催を希望する声が多数寄せられました。

ドイツ音楽療法センターホームページ 

 https://www.gmtc-jp.com/

書籍紹介

音楽療法の本~もう一人の自分と出会う~

 (2011年アルク出版企画)

プロローグから、引き寄せられます。

『自分を見つめなおす』 『知らなかった自分に気が付く』大切さ。

本文では、内田先生の音楽療法実体験が10の事例にまとめられ、とても分かりやすく書かれています。 

『音楽療法の素敵な力』を改めて感じる事ができます。 

音楽療法や心理療法にご興味のある方にもお勧めです。



 20回全会員研修会

『オノマトペで心と体をセルフケアする技術』


日 時:5月23日()13001435

講 師:藤野良孝氏

朝日大学保健医療学部教授

早稲田大学オープンカレッジ講師

NHK・フジテレビなどの番組に、評論家・コメンテーターとして多数出演

 会 場:オンラインzoomウェビナー

(関市音楽創庫より配信)

参加者:107名 


【学んだ事】

藤野先生は私たちの人生をより豊かに楽しく送るべく、オノマトペで心と体をセルフケアする、10の『魔法のことば』を分かりやすくお話しくださいました。先生のほんわか、ふんわりした優しい話しぶりに包まれながら、いつの間にか魔法をかけられたかのような時を過ごしました。

 日本語は、オノマトペの数が多い言語であるとも言われており、日常実に多くのオノマトペに囲まれて生活しています。

 印象に残った2つの魔法を抜粋してご紹介します。

★『ホメマトぺ』例)「あなたといるとほっとする、ほっこりする」

『ホ』は口腔感覚が柔らかいから心が癒されるそうです。

★『メンタルリハーサル』例)「私は、ピーンと背筋を伸ばしてサッとデスクに向かい・・バリバリ報告書を仕上げ・・やる気を出したいときに、前もってオノマトペを用いて1日をシミュレーションすると、不思議とそのように実現するそうです。

最後に、「毎日の天気が違うように、心の状態も毎日違います。そして、普通に揺らぎます。やる気もなくなったりします。

でも、翌日パッ‼︎と晴れます。楽に‼︎ことばには計り知れないパワーがあるのです。」と、結ばれました。

先生の飾らないナチュラルなお人柄にぐんぐん引き寄せられ、オノマトペがとても身近に感じられました。

会話の中にひとつまみのオノマトペを加えること、滑らかな味にサッと変わるのでしょう。

貴重なご講演に心よりお礼申し上げます。また是非、藤野良孝ワールド『オノマトペパートⅡ』を拝聴できれば幸いです。

岐阜県介護予防推進指導者養成研修事業

『音楽で音楽でイキイキ健康づくり』



日時 2021年1月17日(日)

   午前10:00~12:00座学

   午後1:00~3:00 ワークショップ

講師 猪之良高明氏

   ドレミ株式代表取締役

   (放課後デイサービス事業、

   音楽療法士、社会福祉士、保育士、

   日本音楽療法学会認定音楽療法士)

配信 音楽創庫(関市)

備考 Zoomによるオンライン研修会

参加 午前の部70名 午後の部75名 


【報告】

介護予防講座では、「岐阜県介護予防推進指導者養成研修事業」の助成を受け、ぎふ音楽療法協会の公開講座として毎年開催しています。一般の方にも受講していただける無料の講座です。

今回は新型コロナウイルス感染症流行のため、初めてオンラインで開催しました。

講師の猪之良先生は、群馬県で音楽療法を幅広く展開していらっしゃいます。ワークショップが盛り沢山で、即実践のできる楽しい研修会でした。詳しくは広報誌「音のつばさ27号」で紹介しています。

先生のYouTubeも合わせて是非ご覧ください。

 

 

岐阜県介護予防促進指導者養成研修事業 

『ごぼう先生とフレイル予防を学ぼう』


 

2020年2月23日(日)10:00~15:30

講師:梁瀬寛氏(大人のための体操のお兄さん、ごぼう先生)

OKBふれあい会館 大会議室

   参加者92名 (会員60名 一般32名)


 第29回専門研修会

『声を通して自分を知ろう』

 ドイツ音楽療法の実際


 2019年7月21日13:30~16:40

講師:鎌田菜美氏

(ドイツ認定音楽療法士 声楽家、ミュンヘン在住、

 精神科病院常勤音楽療法士、Coconami_ヴォーカリスト)

   参加者43名

 


 第19回全会員研修会

「音楽と笑い」~笑いはリズム、リズムはつながり~


2019年5月26日(日)13:30~15:00

講師:高田佳子氏(日本笑いヨガ協会代表) 

   村上幸子氏(NPO法人いなほの会代表)

   OKBふれあい会館

   参加者90名 (正会員87名 賛助会員3名)  


 岐阜県介護予防促進指導者養成研修事業

ぎふ音楽療法協会公開講座in多治見

『フレイルと口腔ケア』


2019年2月3日(日)10:30~15:30

講師:甲谷至氏

(歯科医師 神奈川リハビリテーション病院歯科口腔外科部長 

 日本障害者歯科学会認定医、同認定療法士)

ヤマカまなびパーク 多治見学習館 参加者 141名

 (音楽療法士 87名 介護施設職員 18名 医師・歯科衛生士 6名


 第18回全会員研修会

『いのちの理由

   ~コウノドリの現場から~』


2018年5月20日(日)13:30~15:00 

講師:県内の新生児科医師

OKBふれあい会館

   参加者 85名



ダウンロード
2018~2021岐阜県介護予防推進指導者養成研修事業 全会員研修会 専門研修会
PDFファイル 192.2 KB
 ♪活動報告(普及事業部

広報誌発行・ホームページ作成、更新・普及実践活動

 

ダウンロード
2019~2021普及・事業部 活動報告.pdf
PDFファイル 155.0 KB

 ♪活動報告(職能部

相談、苦情窓口

【正会員対象】受託事業の担当・仕事請負、幹旋・スーパービジョン・現場実習

 


 一般請け負い

 JAにしみの女性部 

 『音楽の力で

 ~withコロナ時代を笑顔で過ごそう~』


日 時:3月12()

会場:JAにしみの本店 ふれあいホール

参加人数 :147名


【報告】

2020年開催予定だった活動がようやく開催されました。参加者の皆様は、入り口で手指の消毒と検温を行い、広く間隔をとった椅子が並んだホールに入られると、久々に会えた仲間と笑顔を交わされていました。式典後、ウエルカムミュージックとして「栄冠は君に輝く」をピアノ、ヴァイオリン、ミュージックベル、カホンで披露しました。その後は、春を思わせる楽曲のBGMに合わせて体をほぐし、懐メロのイントロクイズ、手拍子でリズム打ち分けを楽しみ、♪Young Manに合わせて元気に体を動かしていただきました。楽器演奏体験として、各支部の支部長様に、ステージ上で「花は咲く」を美しく合奏していただきました。震災10年目に思いを馳せ、会場からは大きな拍手が起こりました。

人数制限や、換気のためにホール内のドア開放、マスク着用、歌わない、と様々な制限がある中での活動でしたが、マスクから笑顔もこぼれ、皆さまと共に音楽で一体感を感じられた楽しいひと時でした。


 Copyright © NPO法人 ぎふ音楽療法協会

協会ホームページの内容について、無断転写、複写、引用などを禁じます。